ホーム ≫ プレートの仕様について
ようこそ ゲスト 様
IDをお持ちのお客様
ログイン
初めてのお客様へ
当サイトからのお知らせ
2014/03/21
注文入力方法のお問い合わせ窓口 休止のご案内
只今お電話での「注文入力方法のお問い合わせ窓口」を休止させて頂いています。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
あしからずご了承頂きますようお願い申し上げます。
2009/03/29
製作商品紹介HPを制作しました
プレート関係−http://platelabo.info/
名札  関係−http://nafuda.info/
  
よくある質問
データ入稿の方はこちら
商品カテゴリ
7月の営業カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
8月の営業カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
の日はお問合せ・納品回答などのメールをお休みさせていただいております。
会社概要
ウェッジ有限会社
〒663-8114
兵庫県西宮市上甲子園5丁目9-17-505号
FAX 0798-38-1768
  • みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%
プレートの仕様について
サイズ・在庫

当製作所では、10X10(ミリ)から400X300(ミリ)までのサイズのプレートの製作をうけたまわっております。
厚さ3ミリまでのアクリル板、ABS板、PET板などのプラスチック板を在庫しています。

素材

プレートとして使用されている素材には、ステンレス、アルミなどの「金属系」、アクリル・塩化ビニルなどの「プラスチック系」、その他「ガラス」、「タイル」、「天然木」、「大理石」などがあります。 その中でも当製作所では、業務用としてのコストや耐久性の面、高級建物や飲食店の表示にも順応する風合いからアクリルのパール板を推奨しております。

その他、目的に応じて一般のアクリル板の特殊色・ステンレス・金・銅・木の風合いのプラスチック板、耐候性に特にすぐれたPET板などの素材を選択しております。

印字加工方法

プレートとして使用されている文字の加工には、スクリーン印刷・インクジェット式印刷・彫刻・サンドブラスト・箔押し・熱転写式印刷・カッティングシート貼りなどの方法があります。
たとえば「表札」という使用用途に対してインクジェット式印刷を採用した場合、はじめのうちはフルカラーで見た目もきれいで良いのですが、耐候性の面で時間が経って印刷が色褪せてくるとせっかくのプレートが逆効果になってしまいます。

当製作所では小ロットの別注商品、小型商品、耐候性、風合い、表示という用途目的から彫刻方法と熱転写式印刷方法とカッティングシート方法を主に取り入れております。
使用用途に対してプレートの素材、印字方法の選択はとても重要なことと考えます。